基礎から学ぶ外壁リフォーム

屋根材とは

外壁リフォームをしようと思ったきっかけとは?

外壁リフォームをしようと思ったきっかけとは? 外壁リフォームをしようと思うきっかけで、最も多いのが外観の改善です。
経年劣化に伴い塗装が剥げてくると、近所に恥ずかしいと感じる人が多くいます。
またリフォームをしないで放っておくと、壁にひび割れが生じてしまい、隙間から水分が入り込む危険も高まります。
その点、適切な時期に外壁リフォームを行うと壁が十分コーティングされるため、風雪などからの防御機能が上がるというメリットがあります。
塗装によって水分が締め出されると、住宅全体の寿命が延び、財産価値が保たれます。
さらに水分を好むカビやシロアリの繁殖も少なくなり、住宅に住む人たちの安全も維持されます。
特に外壁に生じたカビは家の中にも漂い、健康を損なうことにも繋がるため、注意が必要です。
しかし外壁リフォームをすれば、防カビだけでなく、遮熱効果や中の空気を逃がさない断熱効果も期待できます。
そのため冷房代や暖房代などの節約にもなり、一年を通じて快適に過ごすことが可能になります。

外壁リフォームを行なう前に知っておくべき知識

外壁リフォームを行なう前に知っておくべき知識 外壁リフォームを依頼する際には、いくつかの基礎知識を知った上で依頼する必要があります。
こうした基礎的な事を知らずに、飛び込みセールス等の口車に乗せられて安易に依頼すると失敗する恐れがあり、注意が必要です。
そもそも、外壁リフォームは外壁に入ったクラック等を修復し、雨水が侵入して柱や梁と言った住宅の躯体を腐食させ、住宅の寿命を短くする事を防ぐのが大きな目的です。
従って、塗装をやり直すべきタイミングがあるのです。
その目安としては紙1枚程度の口を開いたクラックが走っていたり、塗膜の表面を指でなぞると白い粉が着くようなら、リフォームのタイミングと言えるのです。
また塗料の種類によって、塗膜の寿命は異なり、価格が高くなるほど寿命が長くなる傾向があります。
最近、最もポピュラーな塗料として、シリコン系塗料を選ばれるケースが多くなっています。
この塗料は寿命が13年程度と言われており、比較的コストパフォーマンスが良い為、人気があります。
また、塗料には汚れをセルフクリーニングする機能や、遮熱効果によって室温の上昇を防ぐ機能を持ったもの等もあり、こうした塗料を必要に応じて選択するのも良いでしょう。
単に安さのみで業者や塗料を選ばず、上記の様な基礎知識を持った上で、信頼できる業者さんに依頼するのがベストと言えます。


Copyright (c) 2016 基礎から学ぶ外壁リフォーム. All rights reserved.